103系(大ミハ)
関西初のカナリヤ色103系は1981(S56)年の宝塚電化開業に合わせ宮原区に新製配置され、
これにより福知山線(JR宝塚線)のラインカラーにも採用されています。
 
 新製配置された生え抜き車両は高運転台車でクハ103−850はクハ103のラストナンバー車です。
運用区間は城崎電化で広野まで延び、一時期は篠山口までの運用もありました。
大阪口では長らく大阪駅までの運転でしたが次第に、新大阪、吹田と運用区間が延び最終的に
京都まで顔を出すようになりました。
 
 JR当初は4連の新製車だけでしたが運用増加で明石区より非冷房車が転入、暫くスカイブルーの
まま運用していました。

 207系が配置されると一部の編成が明石区に転出しましたが、後に編成見直しでM+M’ユニットが
戻ってきて6連に増強。また淀川区からも編成単位で転入して来て配置数は増加しました。

 東西線開業後は京都までの運用となり207系と編成数を揃えるため、7連になり最初は森ノ宮区の
サハ103 750番台が使用され一時期オレンジを挟んだ混色編成でした。この頃からスカイブルーに
変更されて、末期にはカナリヤ色は消滅しました。また、高運転台車は経年が少ないこともあり、
ユニバーサルシティー開業にあわせて桜島線・大阪環状線用に改造され転出しました。そのため
残っている編成のほとんどが他区所からの車両になってしまいました。
 
 2003(H15)年に入り207系増備車が201系の運用に入り玉突きで201系が宮原の103系運用に
入るようになり運用数が減少。その後も徐々に運用数が減少し一足先に土・休日運用が消滅、そして
8月15日の平日運用を最後に宮原区の103系としての運用は無くなり約22年と4ヶ月の活躍に
ピリオドが打たれました。車両は次の活躍の場へと
各所へ転出していきました。
カナリア色で活躍していた頃の宮原区103系

T-1

T-2

T-3

T-4

T-5

その他

T-6

T-7

T-8

T-9

細部・特徴

北伊丹にて

※各編成の画像は撮影当時のもので編成内容が異なる場合があります
福知山線に入線した車輌に戻る トップページに戻る